小田凱人の英語スピーチがすごい!勉強法とwikiプロフィールも!

スポーツ

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

小田凱人さんが、2923年7月ウインブルドンで初優勝されました。

2023年の全仏オープンでも最年少で初優勝されており、英語でのスピーチが話題となりました。

素晴らしい成績と話題になっている小田凱人さんの英語力の秘密やプロフィールをご紹介します。

この記事でわかること

小田凱人の英語力の秘密は?

小田凱人のプロフィールは?

小田凱人のイケメンぶりは?

小田凱人は、どこの高校?

をご紹介します。

小田凱人の英語力の秘密は?

小田凱人さんの英語力の秘密は留学や英会話スクールでしょうか?

小田凱人さんの英語力は、すべて独学です。

小田凱人さんは、外国で暮らした経験もなければ英会話スクールに通ったこともありません。

全仏オープンで初優勝した時のスピーチが17歳の高校生のスピーチとは思えないほどでした。

堂々と決勝での対戦相手に敬意を表し、ギャラリーへの感謝や記者会見での英語での対応など素晴らしかったです。

有名な日本人テニスプレーヤーであれば、今は小・中学生の頃からテニス留学で海外で暮らしています。

錦織圭さんもそうでしたよね。

英会話・発音すべて独学とは驚きますよね。

小田凱人さんの勉強法をご紹介します。

小田凱人の英語の秘密 先輩の言葉

小田凱人さんは、テニスの先輩から「英語はやっておけ」と言われたので、他の教科より真面目にやろうと思っていたそうです。

海外遠征が増えた2年間で、コーチの通訳を務めるくらいに上達しました。

先輩は、小田凱人さんが世界で活躍するテニスプレーヤーになることを確信していたのでしょうね。

グランドスラムを制覇するようなすごい選手になることも小田凱人さんの夢だったのでしょう。

小田凱人の英語の秘密 洋楽を聞く

小田凱人さんは試合で入場するときに,洋楽の決まった曲を聞いているそうです。

小田凱人さんの英語の勉強法をご紹介します。

1.英語の歌詞を調べる。

2.歌詞を口ずさみ、自己暗示をかける。

※「ヒーローになれる」「金を取れる」「チャンピオンになれる」など自分の姿と重なったWordを選ぶことがポイント。

3.聴いて歌う。

4.YouTubeで学習

実際の言葉に触れることで、表現方法や発音などを勉強されています。

5.SNSに英語でアウトプッット

試合結果や思っていることを投稿する。

このような方法を続けて実践・継続することで、ここまで上達されました。

やはり生の英会話に触れて声に出すことは大事なのですね。

テニスの練習が忙しい中、英語の勉強もここまで出来る人はなかなかいないですよね。

自己暗示も大事な要因になっていますが、それだけ思いが強かったから成し遂げられたのだと思います。

小田凱人のプロフィールは?

小田凱人さんのプロフィールをご紹介します。

名前:小田凱人(おだ ときと)

生年月日:2006年5月8日

年齢:17歳(2023年7月時点)

出身地:愛知県一宮市

身長:175cm

利き手:左

趣味:スニーカー集め・ギター

小田凱人さんのプロフィールをご紹介しました。

まだ17歳でグランドスラムとは本当に驚きですよね。

これまでの記録。アルフィー・ヒューエット(英国)の20歳54日の記録を更新しました。

小田凱人さんの経歴をご紹介します。

プロサッカー選手を目指していた9歳のときに、左脚に骨肉腫を発症して左脚の股関節と大腿骨の一部を切除して人工関節に置き換える手術をして車いす生活となってしまいました。

その後、テレビで見たロンドンパラリンピック(2012年)に出場する国枝慎吾さんに感動を覚え、のちに医師からのパラ競技への勧めで車いすテニスをやる決意をしました。

2012年と言えば、小田凱人さんはまだ6歳です。

6歳の小田凱人さんの記憶に刻まれるほどに強烈な感動だったのですね。

国枝慎吾さんは、現役を引退されるまで車いすテニス部門で男子歴代最多の計50回(シングルス28回、ダブルス22回)優勝されています。

そのロンドンパラリンピックでの感動が、のちに車いすテニスをやることになりグランドスラムを制覇するまでになるとは誰も思いもしませんよね。

英語の勉強方法をご紹介したように、小田凱人さんの夢を実現するための努力がハンパないですよね。

世界を舞台に活躍する人たちに 共通することは、夢を実現する努力が本当にスゴイです。

小田凱人さんのこれまでの成績をご紹介します。

小田凱人さんのこれまでの成績

【2020年:ジュニアマスターズ「Cruyff Foundation Junior Masters」優勝

車いすテニスジュニア世界ランキング第1位

2022年4月東海理化とスポンサー契約

2022年4月プロに転向

【2022年】:NECマスターズ  優勝 (史上最年少)

【2023年1月】:全豪オープン   準優勝

【2023年4月】:天皇盃ジャパンオープン  優勝

2023年4月日本生命とスポンサー契約

【2023年6月】:全仏オープン 優勝

    車いすテニス最年少世界ランキング第1位 (史上最年少)

【2023年7月】:ウインブルドン  優勝

急成長されたましたよね。

テニスを始めた当時は筋肉が落ちている左側を強化したり体を傾けるのにも制限があったりと、考えて克服するということを繰り返して何事にもストイックに挑戦されていたのでしょうね。

小田凱人のイケメンぶりは?

小田凱人さんですが、テニスもすごいですが本当にイケメンですよね。

「期待に応える準備は出来ています」ってイケメンの言う言葉ですよね。

おめでとう自分!愛してるぜ!もなかなか言えない言葉です。

小田凱人さんは、言葉もイケメンなんです。

小田凱人は、どこの高校?

小田凱人さんは、どこの高校なのでしょう?

小田凱人さんの高校は、N高等学校です。(通信制

インターネットでの授業がメインになるため、時間に拘束されない学校はテニスに打ち込みたい小田凱人さんには、ピッタリだったのです。

N高等学校の卒業生には、芸能人・スポーツ選手・囲碁棋士の方も多くいらっしゃいます。

みちょぱ(モデル・タレント)・紀平里香(フィギアスケート)・相原翼さん(eスポーツ)・岩見天獅さん(プロサーファー)・上野愛咲美さん(囲碁棋士)・kenkenさん(ベーシスト)・立花乃音さん(バレエ)・望月慎太郎さん(男子プロテニス)など多数の卒業生の方が各方面で活躍しています。

小田凱人さんに合った勉強のやり方がここでも活きていますね。

まとめ

小田凱人の英語力の秘密は、洋楽の歌詞や、YouTube、SNSでの独学です。

小田凱人のプロフィールをご紹介しました。

小田凱人のイケメンぶりは、見た目も言葉もイケメンです。

小田凱人の、高校はN高等学校です。

小田凱人さんのこれからの活躍を期待しています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました