中野拓夢の年俸推移やドラフト順位は?同期とプロフィールや経歴も!

スポーツ

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

阪神タイガースが2005年以来18年ぶり6回目のセリーグ優勝を果たしました。

そのウイニングボールをつかんだのが中野拓夢選手でした。

中野拓夢選手は一家で阪神タイガースファンとしても知られています。

中野拓夢選手は2023年3月に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝した時のメンバーのひとりです。

目覚ましい活躍の中野拓夢選手ですが、気になるのは年俸ですよね。

この記事では、中野拓夢選手の年俸やドラフト順位、同期、プロフィールもご紹介します。

この記事でわかること

・中野拓夢の年俸は?

・中野拓夢のドラフト順位は?

・中野拓夢の同期は?

・中野拓夢のプロフィールは?

・中野拓夢の経歴は?

・中野拓夢の家族は?

をご紹介します。

中野拓夢の年俸推移は?

中野拓夢の2023年度の年俸は7000万円です。

中野拓夢選手は、守備・打撃・走塁どれも安定していて、阪神タイガースにとって頼もしい存在になっています。

WBCでの優勝やフル出場での大活躍の2023年途中ですが、来期はグーっとベースアップになると予想します。

中野拓夢選手の年俸推移をご紹介します。

  年度    年齢    年俸(万)    差額    所属  
2023年27歳70003300阪神タイガース
2022年26歳37002900阪神タイガース
2021年25歳800阪神タイガース

中野拓夢選手の年俸推移をご紹介しました。

着実に評価されていますね。

中野拓夢選手といえば、2023年9月16日マツダスタジアムでのカープ戦の守備中に痛烈なゴロがイレギュラーしました。

中野拓夢選手は、補給体制に入っていましたがよけることができず顔面アゴのあたりに直撃しました。

中野拓夢選手が治療でベンチに戻るときに、流血でユニフォームにも血痕が見られました。

その後、2塁の守備に戻ると観客から大きな拍手が送られました。

開幕からのフルイニング出場を狙っている中野拓夢選手は、最後まで出場してフルイニング出場を130試合まで伸ばしました。

最多安打のタイトルも視野に入っているため、試合に出続けていればタイトルにも近づくことになるのでケガなく出ることが大事。と中野拓夢選手は語っています。

山形の中野拓夢選手のお母さんも「怪我なく出場できているのがなによりです。」と言っていました。

今期の143試合フルイニングでフル出場できることを期待します。

中野拓夢のドラフト順位は?

2020年のドラフト会議で阪神タイガースから6位指名を受けました。

2020年ドラフト会議での阪神タイガースの指名は次の通りです。

順位氏名守備所属出身結果
1位佐藤 輝明内野手近畿大学兵庫県西宮市入団
2位伊藤将司投手JR東日本千葉県山武郡横芝光町入団
3位佐藤蓮投手上武大学静岡県三島町入団
4位榮枝裕貴捕手立命館大学高知県高知市入団
5位村上頌樹投手東洋大学兵庫県南あわじ市入団
6位中野拓夢内野手三菱自動車岡崎山形県天童市入団
7位髙寺望夢内野手上田西高長野県上田市入団
8位石井大智内野手高知ファイティングドッグス秋田県秋田市入団
育成
1位
岩田将貴投手九州産業大学福岡県福岡市入団

中野拓夢選手は6位指名でしたがこの日が始まりで、入団からも人並み以上の努力を重ねて今の1軍での活躍があるんですね。

第1位指名の佐藤 輝明選手は最多4球団からの指名があったようです。

佐藤 輝明選手は、阪神タイガースの3塁手として活躍しています。

中野拓夢選手も同期の佐藤輝明選手がいることで心強いですよね。

中野拓夢の同期の年俸は?

氏名 背番号  守備   年俸  
佐藤 輝明内野手8500万
伊藤将司27投手8000万
佐藤蓮130投手600万
榮枝裕貴39捕手800万
村上頌樹41投手750万
髙寺望夢67内野手600万
石井大智69投手1250万
岩田将貴93投手420万
中野拓夢51内野手7000万

中野拓夢選手の同期8人の背番号と守備年俸をご紹介しました。

2021年佐藤 輝明選手、伊藤将司選手、中野拓夢選手の3人は開幕1軍入りを果たしています。

プロ入り3年目ですが、年俸で力の差がハッキリと出る世界です。

同期といえどもライバルなので精神的には複雑ですよね。

この厳しい世界で試合に出続けることの難しさを感じます。

中野拓夢のプロフィールは?

名前:中野拓夢(なかのたくむ)

生年月日:1996年6月28日

年齢:27歳(2023年9月現在)

身長:167cm

体重:69kg

出身:山形県天童市

投球・打席:右投・左打

ポジション:遊撃手・二塁手

プロ入り:2021年3月26日(ドラフト6位)

日本大学山形高等学校→東北福祉大学→三菱自動車岡崎→阪神タイガース(2021年~

中野拓夢の経歴は?

1996年山形県天童市で生まれる。

2006年:小学校4年生から軟式野球を始めました。

2009年:中学時代に山形シニアに所属しました。(遊撃手)

2012年:日大山形1年控え遊撃手としてプレーしました。

2013年:2年生では2番2塁手として夏の甲子園大会に出場し、山形県勢初のベスト4の成績。

2014年:3年生では、3番遊撃手 県大会決勝で敗れました。

2015年:東北福祉大で1年生からベンチ入りしました。」(スイッチヒッターにも挑戦)

    3年春と4春、秋にベストナイン獲得

    4年生では、大学選手権で優勝。決勝で伊藤将司投手からヒットを打ち優勝に貢献した。

2019年:三菱自動車岡崎では1年目から遊撃手としてレギュラーに定着。日本選手権ベスト4入り

2020年:ドラフト会議で阪神タイガース6位指名を受けました。

2021年:阪神タイガースで開幕1軍入りを果たします。

     ・3月26日のヤクルト戦7回で2塁手として出場、9回にプロ初打席でセンター前ヒット

     ・4月10日初打点、初盗塁。

     ・オールスターファン投票では、坂本勇人を抑えて第1位で選出されました。

     ・30盗塁を決め、2021年の盗塁王を獲得(新人での獲得は3人目)成功率93.8%

     ・セリーグ新人特別賞受賞

2022年:オープン戦で勝ち越しの3塁打

     ・7月13日に2年連続100安打達成

     ・ベストナイン(2022年)

     ・スピードアップ賞 打者部門(2022年)

2023年:WBC(ワールドベースボールクラシック)に出場

 二遊間のバックアップで招集されたが、源田壮亮選手が3月10日の韓国戦で右手小指を骨折し       たことにより遊撃手として出場し、3塁打を放ちました。

その後のチェコ戦、オーストラリア戦ではスタメンで出場して活躍しました。

あの試合は、本当に感動しました。

中野拓夢選手もほかの選手も、なかなか味わうことができないいい経験をしましたよね。

中野拓夢選手の輝かしい経歴をご紹介しました。

野球一筋に打ち込んできたことは、今の中野拓夢選手のしっかりとつながっています。

今年はフル出場となるのか?最多安打のタイトルは獲得できるのか?見どころがいっぱいです。

岡田監督への感謝

2023年になってから、中野拓夢選手は今までの遊撃手のポジションから二塁手にコンバートされました。

高校・大学でも遊撃手と二塁手を行ったり来たりしていたので、こだわりもあり最初はスッキリしなかったそうです。

でも遊撃手は一塁までの距離があるため投げることを意識して浅く守る必要があったけど、二塁手は近いのでもっと堅実なプレーができると思ったようです。

そして本人も二塁手の方が向いていると思っていると語っています。

守備の心配をしなくてもいいし、打撃のことを考える余裕が出てきたので最多安打のタイトルを狙えるような成績まで来ています。

今は、早い段階で二塁手と見極めてくれた岡田監督に感謝してします。

岡田監督も、いろんなポジションができる選手でしたが、最終的に二塁手固定だったと記憶しています。

内野手経験のある岡田監督だからこそのコンバートだったのではないでしょうか?

2023年はリーグ優勝を成し遂げ、クライマックスシリーズに進みます。

どんな試合を見せてくれるのか?楽しみですね。

中野拓夢選手の家族は?

中野拓夢選手の家族構成は、父親・母親・兄・姉・拓夢選手の5人家族です。

中野拓夢選手は一家で阪神タイガースファンとしても知られています。

幼いころから仙台や北海道に試合を観に連れていってもらったようです。

ただ甲子園には、行かなかったそうです。

父親は「高校で拓夢に連れてきてもらうのが最初がいいから」という夢があったからです。

中野拓夢選手が日大山形高校に進んでから実現しました。

中学生の頃は身長も小さく、ほぼ無名の選手でした。

高校生1年生の時の夏の甲子園で日大山形がベスト4入りしたときに名前が少し知られるぐらいだったようです。

プロ1年目に実家に帰ったらサイン用の色紙が山積みだったそうです。

市役所や道路に横断幕があったそうです。

優勝して帰ったら、またすごいことになっているかな?と、少し恥ずかしいけど地元が応援してくれるのはうれしいと語っています。

家族も地元も応援してくれるのは心強いですね。

まとめ

中野拓夢選手の年俸、ドラフト順位、同期をご紹介しました。

中野拓夢選手のプロフィールと経歴、家族をご紹介しました。

2023年は中野拓夢選手にとって、すごく実のある年になったようです。

あとは、クライマックスシリーズが待ち遠しいです。

家族も地元も応援しています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
ankoをフォローする
りらブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました